近年、さまざまな働き方が登場する中で、フリーランスの人気が急上昇しています。
自由で働きやすい環境を自分で作れるフリーランスについて知りたいという方も多いでしょう。

そこで今回はフリーランスのメリット、デメリットを紹介。
果たして会社員とフリーランスどちらがいいのか?そしてフリーランスになるためにはどうしたらいいのか解説していきます。

現在、独立を考えているという方はフリーランスのメリット、デメリットを知ってより深く検討してみてください。

フリーランスが人気って本当?

フリーランスとは、「特定の企業に属さずに働く個人事業主」のことを指します。
現在日本では人口の約1割がフリーランスと言われており、その数はまだ多くはありません。
一方、すでにフリーランスが浸透しているアメリカでは、人口の約3割がフリーランスとして働いています。

ただ、日本でもフリーランスは年々増加しており、人気の高さが分かります。
なぜ、フリーランスが人気なのか?

その理由として、フリーランスとして働ける環境が整備され始めていることが挙げられます。
一昔前なら自分で営業する必要がありましたが、現在はクラウドソージングを始めとしたサービスにより、これまでより手軽に仕事を受注できるようになりました。

さらに、フリーランス同士がつながれるコワーキングスペースやシェアオフィスといったサービスも登場し、環境が整い始めています。

フリーランスは魅力的な点が多い

フリーランスと聞くと自由に働けるというイメージを持っている方が多いです。
会社員に比べると時間に制約が少ないので、自分でスケジュールを立てて仕事ができます。
さらに、フリーランスは基本的に一人で働くことが多いため、人間関係のストレスも軽減できます。

このようにフリーランスには魅力的な点が多いですが、一方でデメリットも存在します。
そこで、フリーランスの持つメリットとデメリットを紹介していきます。
これからフリーランスになりたい!と考えている方はメリット、デメリットを把握した上で再度検討してみてください。

フリーランスのメリット

・時間に縛られずに働ける
・働くほど収入がアップする
・人間関係のストレスが少ない

フリーランス最大のメリットは時間に制限がないこと。
会社のように出社時間や退社時間が決められていない上に、残業などもありません。
お昼休みやちょっとした休憩もいつでも取ることが可能です。
その代わり、しっかりとした自己管理が必要となります。

働いたほど収入がアップするフリーランスは、向上心のある方にぴったりです。
働いた分だけの対価が支払われるので業種によっては、会社員時代よりも収入がアップすることがあります。
自分の能力を把握して効率よく働きましょう。

フリーランスは基本的に一人で仕事をします。
会社のような複雑な人間関係がないため、ストレスが溜まりにくいです。
特に、人間関係で疲れやすいという方にフリーランスがおすすめです。

フリーランスのデメリット

・毎月の収入が不安定
・確定申告等の事務作業が多い
・モチベーションが維持し辛い

フリーランスに多い悩みがお金の悩みです。
特に、毎月の収入が不安定なのはデメリットのひとつ。
ただ、収入に関しては仕事のバランスを考えながら受注することで安定することは可能です。
一つのクライアントに依存せずに配分を考えながら受注しましょう。
もちろん、スキルも向上できるよう努力が必要です。

フリーランスは、仕事以外の作業もすべて自分でやらなくてはいけません。
税金、保険の支払いや請求書の作成、年度末には確定申告が待っています。
そのため、しっかりと考えて事務作業を行わなければ、後々問題となることもあります。

フリーランスは一人で作業できる反面、仕事をする上で孤独を感じる方が多いです。
上司や部下、取引先を含めた人間関係が希薄なので、モチベーションが下がるという方も増えています。
ただ、最近ではコワーキングスペースやシェアオフィスがあるので、モチベーションを維持する働き方も可能です。

結局会社員とフリーランスどちらが良いの?

ここまで、フリーランスのメリット、デメリットについて紹介しました。
ただ、会社員かフリーランスどちらがいいのか迷っている方が多いと思います。
会社員とフリーランスはよく比較されますが、特徴が大きく違います。

どちらも一長一短なので、ご自身の働き方や将来的な目標などあらゆる要素を加味した上でどちらがいいのか判断することをおすすめします。
そこで、会社員、フリーランスにおすすめな人をまとめてみました。

会社員がおすすめな人

・将来的に安定した仕事に就きたい人
・キャリアアップして成長したい人
・面倒なことが苦手な人

会社員の最大の魅力は安定感です。
働き方が変化する昨今ですが、未だに会社員という働き方は安定しています。
また、上司から効率の良い仕事を教えてもらったり、会社のお金でスキルアップできたりするため、転職等でのキャリアアップも容易です。

そして、フリーランスでは事務作業も自分でやらなければいけませんが、会社員は経理がすべて行ってくれるので面倒ごとが少ないです。
会社内で仕事を分担しているため、現在の仕事に集中できます。

フリーランスがおすすめな人

・時間に縛られて働きたくない人
・常に自分で考えて行動する人
・すでに特筆したスキルを持っている人

フリーランスは会社員に比べて時間の制限が少ないです。
そのため、時間に縛られて働きたくない人におすすめです。そのため、常に自分で考えて行動する必要があります。
人から言われてから行動する人の場合、フリーランスは向いていません。

そして、フリーランスとして成功するためには他の人が持っていないスキルが必要です。
自分にはどんなスキルがあって、どの程度需要があるのかしっかり把握できている方にフリーランスが向いています。

フリーランスになるためには?

現在、会社員として働いている方は退社後に開業届を提出することでフリーランスになれます。
ただ、いきなりフリーランスになる方は少なく、大抵の方は退社する前にフリーランスになるための準備を行います。

フリーランスになるために必要な各書類の作成や、退社後の年金や保険、開業に必要な道具の購入などフリーランスになる前に準備することは多いです。

きちんと、準備をした上でフリーランスになることをおすすめします。
特に、フリーランス成り立ての頃はバタバタしてしまうため、用意しておけばしておくほどスムーズに進められます。

フリーランスにおすすめの転職サイト

最後にフリーランス以外の選択肢を紹介します。
フリーランスになる前に転職という選択肢も検討することで、別の選択肢が見えてくることがあります。
最後におすすめの転職サイトを紹介するので、ぜひご覧ください。

WORKPORT


「WORKPORT」では専任の転職コンシェルジュによるサービスにより、転職活動をしっかりとサポートしてくれます。無料の転職相談サービスもあるので、まずは相談から始めるということも可能です。転職活動をサポートするオリジナルツールも提供しているので、他の転職サイトにはないサービスが受けられます。

▶▶ WORKPORT(ワークポート)

リクルートエージェント

「リクルートエージェント」では、キャリアアドバイザーが転職に関する適切なサポートを行ってくれます。転職サポートサービスでは、提出書類の添削、面接対策、さらに業界や企業の情報を提供してくれます。初めて転職を考える方におすすめの転職サイトです。

▶▶ リクナビネクスト

まとめ

フリーランスのメリット、デメリットについて紹介しました。
フリーランスという働き方が一般的になりつつある昨今。
どのようなメリット、デメリットがあるのか把握した上で、フリーランスになるか検討してみてください。