エンジニアになりたい!と考え、求人を探していると出てくる「バックエンドエンジニア」「フロントエンドエンジニア」「マークアップエンジニア」の文字。
それぞれエンジニアの役割ですが、経験者でないと具体的にどのような仕事を担っているのか分かりにくいのではないでしょうか。
今回は、WEBサービスを開発するIT企業のエンジニアを例に、それぞれの仕事内容と就職の方法についてご紹介します。

サイトの見た目を整える!マークアップエンジニア

一つののWEBサービスを作ろうと思った時に、いきなりプログラミングから始めるわけではありません。
デザイナーがサイトのデザインを考え、デザイナーがデザインしたイメージをさいHTMLというマークアップ言語を使用して実際のサイトとして構築していきます。
HTMLを使用してサイトの見た目や文章構造という下地の部分を作るのがマークアップエンジニアの主な仕事です。
マークアップエンジニアは複雑なプログラムを扱うことは少なく、主に見た目の部分を作るため、最近ではデザイナーがマークアップエンジニアの役割を担うことも多くなっています。

逆に言うと、マークアップエンジニアの作業をできるデザイナーが増えているため、デザインのできないマークアップエンジニアの需要は年々少なくなっています。
今からマークアップエンジニアとして働きたい場合はデザインも同時に勉強するか、HTMLだけでなく後述するJavaScriptやその他の言語を勉強をして、ゆくゆくはフロントエンドエンジニアになることを視野に入れることをおすすめします。

また、未経験者を採用しているWeb系のIT企業に入社した場合は、マークアップエンジニアとしてサイトの画面作成の業務から入ることが多いため、マークアップエンジニアは初心者でも比較的就職しやすいエンジニア職となっています。

WEBサイトの見た目部分を制作!フロントエンドエンジニア

フロントエンドとは、ユーザーから見て一番前に当たる部分を指します。
マークアップエンジニアが作成した下地をCSSというスタイルシート言語を使用して装飾したり、ユーザーのアクションに対してJavaScriptという言語を使用して動きをつけるような作業を主に行います。
JavaScriptは、現在のWeb開発では欠かせない言語となっており、フロントエンドエンジニアとして働く場合は必須の言語と言えます。
未経験者の場合、JavaScriptを利用してどのようなことを行うのかなかなか想像がつきにくいのではないでしょうか。
サイトに画像やリンクが配置してあるだけのような、HTMLとCSSのみを使用したサイトを静的サイトと言います。

一方で、見る人によって参照する画面が異なったり、ユーザーの操作によって何かしらの動きを与えるサイトを動的サイトと言います。
動的サイトには、JavaScriptを始めとしたプログラミング言語が使用されています。例えば、SNSの画面はログインするユーザーによって見る画面が異なります。

また、サイトに訪れる毎にトップページの画像がスライドショーのように変化するようなサイトにもJavaScriptが利用されていることが多いです。
フロントエンドエンジニアがサイトとしって最低限の体裁を整えるのが仕事だとしたら、フロントエンドエンジニアはユーザーがサイトを使いやすいような仕掛けをしたり、目で見て楽しめるような演出をするのが仕事です。

HTMLと比べるとJavaScriptは難しく感じるかもしれませんが、現在はライブラリというプログラムの部品のようなものがWeb上で数多く公開されているため、サイトの複雑な動きも比較的容易につけることが可能となっています。

未経験者からフロントエンドエンジニアを目指す場合は、まずはインターネットでJavaScriptについて調べ、実際に簡単なプログラムを組むところから始めてみましょう。

見えない部分でサービスを支える!バックエンドエンジニア

バックエンドエンジニアは、ユーザーに見える部分を担当するフロントエンドに対し、ユーザーには見えないサーバーやデータベースなどのバックエンドを担当しています。
プログラムを作成することもあれば、サーバー構築などインフラ部分を担うこともあり、その業務は多岐に渡るため幅広い知識が求められることが特徴です。
フロントエンドエンジニアは、ユーザーの目に触れる画面部分を構築するので仕事のイメージが比較的つきやすく人気の職種ではありますが、Webサービスにはバックエンドの部分が欠かせません。

例えばECサイトなどで商品を購入する場合、注文の処理や商品在庫の管理が必要となりますが、そういったプログラムの構築やデータベースに関わる部分などの重要な部分はバックエンドエンジニアが作成します。

バックエンドエンジニアが使用する言語はJavaやC、PHP、Ruby、Pythonなどの種類があり、会社毎や開発案件毎に異なるため、広い知識が必要となります。
また、扱うデータベースにはMySQLやOracleなど複数の種類があり、種類によって仕様が異なるため、基本的なデータベースの知識に加えて応用力も求められます。
バックエンドエンジニアになるためには、まずは一つの言語を勉強し、その言語を使用して何か一つのサービスを作り上げた経験が重要となります。

バックエンドエンジニアの求人は実務経験者に向けたものが多いですが、中には趣味レベルでも経験があれば可とする場合もあります。
また、小規模な案件の場合はフロントエンドとバックエンドが兼任となることが多いため、幅広い知識を身に着ける必要があると同時に、新しい技術を学び続ける意欲が必要となります。

エンジニアの転職におすすめな転職サイト

転職サイトは数多くありますが、中でもおすすめなのがDodaです。
経験者のキャリアアップやIT業界未経験者がIT職に就く実績が数多くあり、IT・Web専任のアドバイザーによるサポートが充実しています。
転職時の職務経歴書のアドバイスはもちろん、自分の市場価値を判断するための合格診断ツールなどが充実していることが特徴で、在職中でなかなか転職活動に時間を避けない方や、転職が初めての方でも安心して転職活動を行うことができます。
Web系の企業は数多くありますが、自分ができること・やりたいことと企業が求めるものが一致していないとせっかく転職しても長くは続きません。
そういったミスマッチングを避けるためにも、Dodaのようなサービスを利用して自分に適した会社を探すことをおすすめします。

DODA

ワークポート

geekly

市場価値の高いエンジニアを目指そう!

今回はマークアップエンジニア、フロントエンドエンジニア、バックエンドエンジニアについてご紹介いたしましたが、開発規模によってはその境界線が曖昧になっています。
また、エンジニア不足が深刻化している今、できることが多いエンジニアほど市場価値は高くなっています。
IT業界未経験者の方は、マークアップエンジニアやフロントエンドエンジニアからキャリアをスタートさせ、ゆくゆくはバックエンドの知識を身に付けるのが良いでしょう。
また、既にフロントエンドエンジニアやバックエンドエンジニアとして活躍している方は、新しい言語に挑戦したり、新しい技術を高めていきましょう。